スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「無料のサイトに本気のコンテンツは載らない」――インターネット雑誌「cakes」はWebを変えるか





初心者向けに簡単なノウハウで作業量が少なく
即効性あるサイトアフィリエイトです。

一番確かな方法で、早く稼ぎたい方にお勧めです!


一般販売開始!【下克上】GEKOKUJO~脱ノウハウコレクター教材~PPCもSEOもまったく必要なく無料ブログに1日1記事書くだけで月に50万円稼いだ戦略とは?スカイプ保障!返金保障!!

スカイプ保障!返金保障!も付いているので安心してご購入出来ます。

このページからのご購入者はアフィリエイトに役立つ図解入りレポートをプレゼント致します。「再配布権利付き」











「無料のサイトに本気のコンテンツは載らない」――インターネット雑誌「cakes」はWebを変えるか


ねとらぼ 11月6日(火)9時10分配信











「無料のサイトに本気のコンテンツは載らない」――インターネット雑誌「cakes」はWebを変えるか
cakes代表の加藤貞顕氏。アスキー、ダイヤモンド社を経て独立し、cakesを立ち上げた



 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の編集者・加藤貞顕氏が立ち上げた、インターネット雑誌「cakes(ケイクス)」が注目を集めている。オープンから約1カ月半。現時点で有料会員数は「数千人」という。



 ほぼ同時期にニコニコチャンネルでも有料の「ブロマガ」がスタートしたが、cakesのアプローチはまた少し異なる。購読料は1週間150円。それでサイト内の全コンテンツが読み放題になる。



 執筆陣は津田大介、黒田勇樹、岡田斗司夫、山形浩生、大槻ケンヂなど数十名(敬称略)。ネットカルチャー、サブカルチャー系を中心に、大御所から若手まで幅広い顔ぶれを揃えた。21月1日時点で週間ランキングを見てみると、真実一郎氏の「グラビアアイドル鎮魂歌 ~吉木りさという光、壇蜜という影~」、オバタカズユキ氏の「日本の自殺の不都合な真実」などが上位に並んでいる。



 有料メルマガと違って、興味のない話題も目に飛び込んでくるため、読んでみると「こんな世界があったのか」という出会いがある。しかも週150円で読み放題と、cakesは安い。有料メルマガが「単行本」なら、cakesはまさに「雑誌」の感覚だ。



 加藤氏はcakesについて「いまネットにあるコンテンツは、プロが宣伝のために作ったものと、アマチュアが趣味で作ったものしかない。プロが作った“ド本気”のコンテンツが載る場所を作りたかった」と語る。





●ネットでお金を払うことを当たり前にしたい



 独立しcakesを立ち上げる前には、アスキー、ダイヤモンド社で雑誌や書籍、Webメディア、電子書籍などの編集に携わった。その中で見えてきたのは、「電子書籍は思いのほか儲からない」「電子書籍がこのまま行けば大変なことになる」ということだった。



 音楽CDはかつて5000億円市場と言われたが、今では2000億円に縮小した。かわりに音楽配信が台頭したが、それでも800億。差し引きで2200億円がどこかへ消えた形になる。同じことが出版についても起こりうるという。



「もちろん(紙媒体から)スマホやタブレットのようなデバイスで読むようなものにはなっていく。だけどその出口が電子書籍だけだと大変なことになる。出版はピーク時で2兆3000億円あったけど、最終的には1兆くらいになるのでは」(加藤氏)



 だから、cakesではあえて電子書籍以外の出口を目指した。記事は基本、cakesのWebサイト上でそのまま読む形。これまでWebでコンテンツが販売が成立しなかったのは、回線も遅く、いい端末もなければ、課金の仕組みも、習慣もなかったから。しかし、スマホやタブレットの普及でようやくそれが解決しつつある。「ネットでお金を払うということをもっと普通のことにしたい。Amazonが出たころなんか、ネットでものを買うなんて考えられなかったでしょ。だけど今はそれが普通になった。Amazonはモノを売ったけど、コンテンツならそれがもっとやりやすい」と加藤氏。





●無料のサイトに本気のコンテンツは載らない



 スタッフは社員、契約社員合わせて5人が常駐。主に編集者とエンジニアで構成され、1人で掛け持ちする部分もあるため、編集は実質2.5~3人くらい。編集方針は特にないが、強いて言えばポジティブなトーンは守っていきたいという。



 お金の配分方法もcakesはユニークだ。サイトとしての収入は基本、週150円の購読料のみ。このうち4割がcakes側に入り、残りの6割を執筆陣で分け合うことになる。原稿料はページビュー数に応じて分配されるため、記事に多くのアクセスがあれば原稿料も増える。現在の購読者はまだ「数千人」だが、仮に10万人規模になったとすると、1位の記事の著者には300万円以上入る計算だという。ただ、どれくらいの期間で10万人を達成できるのか、またランキング下位の著者にはどれくらい入るかなど、このあたりはまだ未知数だ。



 著者がTwitterやブログで記事を紹介・宣伝するアフィリエイトのような仕組みも用意した。自分の記事で購読者が増えた場合は、別途マーケティングフィーも支払われる。



「出版社にいたころから、もっとフェアにお金を分配できる仕組みがあるんじゃないかとは思っていました。今は趣味がすごくセグメント化されてるから、コンテンツが埋もれやすい。Webなら著者もマーケティングに参加できるし、届けるべき人にコンテンツを届けることができる」(加藤氏)



 無料のサイトに本気のコンテンツは載らない、という考えから、現時点ではバナー広告を入れるつもりはなく、あくまで購読料モデルにこだわる。これまでは本を買わなければ読めなかった、「プロが作った本気のコンテンツ」が読めるサイトを目指したいという。そのほか、人気のあるコンテンツについてはまとめて書籍化・電子書籍化も見込む。





●できるだけ早い段階で「購読者1万人」を



 長らくWebは「無料で読めるもの」というイメージに悩まされてきた。それがようやく変わりはじめたのはおそらくここ2~3年だろう。少額課金のインフラが整いはじめ、有料のメルマガなどでもちらほらと成功を収めるところがでてきた。メルマガや電子書籍とはまた違った、コンテンツ販売の出口のひとつとしてcakesの試みは非常に興味深い。



 当面の目標は、できるだけ早い段階で「購読者1万人」を達成すること。「コンテンツにお金を払うということをもっと当たり前にしたい」というcakesと加藤氏にとっては、これからが本当の正念場だ。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121106-00000007-it_nlab-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します


スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

デコ丸

Author:デコ丸


詳細はこちら♪

■メールはこちら■



─★★○○★★─

【 目 次 】

はじめに
1.デコ丸ブログの方向性
2.ジョブとビジネスの違い
3.自分を変える!

第1章 アフィリエイトって?
1.効率の良いビジネス
2.情報商材って何?
3.アフィリエイトって何?
4.最初の注意点!
5.収入までの流れ
6.わからない事があったら


第2章 準備編
1.ネットバンク申請
2.メールアドレスを取得
3.ブログの開設
4.ブログタイトルの決め方
5.ブログプロフィール
6.ブログ記事の書き方
7.アクセス解析


第3章 登録編
1.A8.net登録
2.情報ASP登録
3.検索エンジン登録
4.ping送信設定
5.ブログランキング登録
6.あし@登録
7.トピックイット登録
8.瞬間相互リンク
9.自己アフィリエイト
10.グーグルアドセンス
11.相互リンク集
12.RSSの設置
13.ふぉーむまん 

第4章 便利ツール編
1.自動入力ソフト
2.圧縮・解凍ソフト
3.宅ふぁいる便
4.装飾ライン
5.顔文字
6.文字数カウンタソフト
7.キャプチャーソフト
8.バナーソフト
9.URL短縮ソフト
10.自動ログインソフト


第5章 ブログ育成編
1.不正は自滅
2.売れるブログ
3.成功への道しるべ
4.コメントまわり
5.デコ丸@リンク
6.体力勝負


第6章 商材編
1.商材の選び方
2.商材の見極め方
3.商材の検証方法
4.元お笑い芸人!
5.脂肪燃焼ダイエット
6.キャンペーン
7.スローライフ
8.幸せマニュアル

第7章 確定申告
1.予期せぬトラブル防止
2.収入と所得の違い
3.開業届け


第8章 メルマガ編
1.メルマガの発行
2.メルマガの必要性
3.ブログとメルマガの関連性
4.ステップメールとは?
5.メルマガとステップメールの違い!
6.お勧めステップメール
7.お勧めサーバー

line
関連情報
line
sub_line
稼げる情報満載!
line
あし@
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。