スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

最終回が賛否両論の『半沢直樹』、気になる続編を大予想!









最終回が賛否両論の『半沢直樹』、気になる続編を大予想!


週プレNEWS 10月2日(水)12時10分配信




















写真を拡大
写真を拡大


最終回が賛否両論の『半沢直樹』、気になる続編を大予想!



写真を縮小
写真を縮小


最終回が賛否両論の『半沢直樹』、気になる続編を大予想!

池井戸潤氏の半沢3部作。右上と右下が今回の『半沢直樹』原作。続編は上の『ロスジェネの逆襲』が原作になるといわれている




ついにドラマ『半沢直樹』(TBS系)が終わってしまった。



9月22日に放送された最終回は、なんと平均視聴率42・2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と、平成以降の民放ドラマの最高記録をマークした。



だが、その内容は、半沢(堺雅人)が仇敵である大和田常務(香川照之)の不正を暴き切ったにもかかわらず、証券会社への出向を命じられて幕切れという少々意外なものだった。



「原作どおりらしいけど、あのエンディングには驚かされた。どう考えても続編ありきの終わり方ですもんねぇ。あざとい気はするけど、正直、早くも続きが見たくてたまらない(笑)」(30代・会社員)「関西の半分の人が『半沢直樹』を見たわけです(関西地区の瞬間最高視聴率は50・4%。ビデオリサーチ調べ)。続きやらないでどうするんですか!」(20代・女性)



その続編のベースになるといわれているのは原作者である池井戸潤氏の半沢シリーズ第3弾『ロスジェネの逆襲』だ。一部ファンからは「ネタバレしかねない原作は絶対に読まない」(50代・女性)という、池井戸氏にとっては微妙な声も聞こえてくるが……。



『ロスジェネの逆襲』のストーリーは、ドラマと同じ「東京セントラル証券」に営業企画部長として出向した半沢が、ロスジェネ(就職氷河期)世代の部下、新興IT企業の社長らとともに、ライバル企業、さらには半沢の古巣・東京中央銀行と企業買収をめぐって対決するというもの。



この原作については、ドラマ版の主要キャストがあまり登場せず、ドラマの監督を務めたTBSの福澤克雄(かつお)氏が「映画向きだと思います」と発言しているところからも、スピンオフ的な続編として映画化されるとの噂がある。



TBSの『半沢直樹』制作チームのあるスタッフがこう漏らす。



「福澤さんは映画を作りたくてTBSに入ったほどの人ですからね。それを抜きにしても、制作現場では、2時間くらいで完結させたほうが面白いという見解です。ただ、局の上層部では『ドラマで視聴率を取りにいくべき』と、『映画化して直接、収益を稼ぐべき』に意見が二分しています」

映画でもドラマでも、TBS側はこのブームに乗り、一刻も早く続編をやりたいのだが、実はそう簡単にはいかない事情もある。半沢を演じる堺雅人のスケジュールがすでに来年いっぱいまで埋まっているらしいのだ。となると、続編は早くても再来年以降……。



「すべては堺さんのスケジュール次第。すでに決まっているものをこじ開けられるなら前倒しもあるかなと」(制作スタッフ)



ところで、ドラマ中では原作にはない演出で場面を盛り上げることも多かった。そこで、半沢ファンの識者に、原作を無視した続編への期待を聞いてみた。



まず、経済アナリストの森永卓郎氏がこう語る。



「半沢対金融庁の話になったら骨太のいい作品になる。金融庁は小泉内閣時代、アメリカのハゲタカファンドの日本企業買収に協力していて、それ以降も銀行マンに貸し渋り、貸しはがしを“強要”してきたというまことしやかな話があります。そういう不正を暴き、倍返ししていく半沢直樹……すごく見てみたいですね!」



一方、評論家の中森明夫氏はこんな大胆シナリオを披露。



「原作者の池井戸さんは、面白ければある程度、原作を変えてもいいという立場ですから、より思い切った展開を期待したいですね。例えば、半沢が浮気しまくっちゃうとか(笑)。出世して女を抱きまくるって、完全に島耕作の世界なんですけどね。そうなると、『島耕作vs半沢直樹』も見てみたい。島耕作が会長を務める会社に半沢が出向とか(笑)」



とまあ、ファンの妄想は膨らむばかりだが、最も壮大な続編をイメージしているのは福澤監督自身かもしれない。彼はすでに池井戸氏に「(原作もまだたどりついていない)頭取になるまでの半沢を描かせてほしい」との直談判を済ませているのだ。



ちなみに現在、原作の「半沢シリーズ」は3作目の『ロスジェネの逆襲』に続く、4作目の『銀翼のイカロス』が雑誌に連載中。出向を終えて銀行の本店に復帰した半沢が航空会社の闇に迫る作品で、現役の国土交通大臣との対決を期待させる展開となっている。さらに、原作の池井戸氏がドラマのヒットを受け、大和田や黒崎(片岡愛之助)ら濃いキャストの返り咲きを構想中だという。



いずれにしても……とにかく早く続編が見たい!










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131002-00000210-playboyz-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します


hh



ステルスアフィリエイト - 今のアフィリエイトでこっそり月50万円稼ぐ、手作業の本格派アフィリエイト


FXスキャルピングで 4,000PIPS稼ぐ方法


hhh
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

デコ丸

Author:デコ丸


詳細はこちら♪

■メールはこちら■



─★★○○★★─

【 目 次 】

はじめに
1.デコ丸ブログの方向性
2.ジョブとビジネスの違い
3.自分を変える!

第1章 アフィリエイトって?
1.効率の良いビジネス
2.情報商材って何?
3.アフィリエイトって何?
4.最初の注意点!
5.収入までの流れ
6.わからない事があったら


第2章 準備編
1.ネットバンク申請
2.メールアドレスを取得
3.ブログの開設
4.ブログタイトルの決め方
5.ブログプロフィール
6.ブログ記事の書き方
7.アクセス解析


第3章 登録編
1.A8.net登録
2.情報ASP登録
3.検索エンジン登録
4.ping送信設定
5.ブログランキング登録
6.あし@登録
7.トピックイット登録
8.瞬間相互リンク
9.自己アフィリエイト
10.グーグルアドセンス
11.相互リンク集
12.RSSの設置
13.ふぉーむまん 

第4章 便利ツール編
1.自動入力ソフト
2.圧縮・解凍ソフト
3.宅ふぁいる便
4.装飾ライン
5.顔文字
6.文字数カウンタソフト
7.キャプチャーソフト
8.バナーソフト
9.URL短縮ソフト
10.自動ログインソフト


第5章 ブログ育成編
1.不正は自滅
2.売れるブログ
3.成功への道しるべ
4.コメントまわり
5.デコ丸@リンク
6.体力勝負


第6章 商材編
1.商材の選び方
2.商材の見極め方
3.商材の検証方法
4.元お笑い芸人!
5.脂肪燃焼ダイエット
6.キャンペーン
7.スローライフ
8.幸せマニュアル

第7章 確定申告
1.予期せぬトラブル防止
2.収入と所得の違い
3.開業届け


第8章 メルマガ編
1.メルマガの発行
2.メルマガの必要性
3.ブログとメルマガの関連性
4.ステップメールとは?
5.メルマガとステップメールの違い!
6.お勧めステップメール
7.お勧めサーバー

line
関連情報
line
sub_line
稼げる情報満載!
line
あし@
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。